アイピルは性交の後に飲んで避妊するタイプのお薬で、緊急避妊薬と呼ばれています。避妊に失敗した際に性交後に飲むことで妊娠することを回避できます。これからアフターピルについて詳しく説明していきます。

薬を飲んでいる女性とカプセル
  • ホーム
  • 避妊のことで女性と不仲にならないためにアイピルを

避妊のことで女性と不仲にならないためにアイピルを

性行為は現代では繁殖活動ではなく、スキンシップとして行われるケースが大半ですが避妊をしなければ妊娠をしてしまいます。
望まぬ妊娠をしてしまった場合、そのまま幸せな結婚をするというのであれば良いのですが現実的には大きく揉めることになってしまうものです。
愛の確認のために行う行為が結果的に、二人の不仲になってしまう可能性があるため性行為をする時には避妊を徹底しなければなりません。
しかし、男性の場合本人が妊娠をするわけでもないので性行為の際にどうしても避妊が面倒になってしまって、疎かにしてしまうというケースもありますし、避妊をしていたにも関わらず失敗をしてしまうということもありえます。
男性が避妊を行う場合コンドームを使うことになるわけですが、完璧に使えれば完璧に近い避妊効果が得られるものの実際には破れてしまうこともありますし、途中で外れてしまうといったこともありますから完璧な方法ではありません。
避妊を徹底していたのに失敗をしてしまって女性と不仲になってしまうというのは非常に悲しい出来事ですから、絶対に避けたいものです。
そこで、避妊のことで女性と不仲にならないために効果的なのがアイピルといった緊急避妊薬を用意しておくことで、万が一避妊に失敗をしてしまっても性行為後に服用することで妊娠を避けることができるので安心です。
ただし、避妊効果は100パーセントではなく24時間以内の服用であっても95パーセント程度しかありませんから、アイピルがあるから大丈夫ということにはなりません。
また、アイピル自体女性にとって非常に負担のかかる薬となっていますから、アイピルありきの性行為をしているとやはり不仲の原因になってしまうので注意をしましょう。