アイピルは性交の後に飲んで避妊するタイプのお薬で、緊急避妊薬と呼ばれています。避妊に失敗した際に性交後に飲むことで妊娠することを回避できます。これからアフターピルについて詳しく説明していきます。

薬を飲んでいる女性とカプセル
News
薬を飲む女性

アイピルを行為前に飲むとどうなるかですが、基本的に性行為の後の失敗時に、仕方なく飲むピルのタイプいわゆる経口避妊薬の一種であり、行為の前には飲んではいけません。
アイピルのホルモン量は、低用量ピルとは訳が違いますので、性行為の前や後以前に、強い副作用を感じて体調が悪くなります。
そんな危険をおかしてまで、性行為前にの無意味は全くないのです。
日頃からの女性の体を守る避妊は、低用量ピルの服用を継続することです。
そもそも低用量ピルを継続的に服用をしますと、それで避妊の効果になるので、アフターピルを怯えながら飲む羽目にもならないです。
避妊を男性だけに委ねるのは、余りにも無謀な行為です。
男性側の避妊だけでは、避妊を守りきることはできません。
男女間の間は甘い蜜のときはほんの一瞬であり、そこをすぎれば待っているのは、相手の欠点ばかりが見える波乱の多い道です。
もしも性交渉に失敗をしても、そのあとで男性が責任をとってくれるかなど、保証はありまあせん。
そのまま、逃げてしまう男性もたくさんいます。
いくらひと時は恋心に燃え上がっても、必ず男女簡易は終わりが来ます。
それがめでたく結婚をしてハッピーエンドならいいのですが、この世はそんな童話のような甘いことはまずありません。
もしも望まないまま妊娠をしても、相手が出産を望まなかったら、諦めるか一人で育てるかになります。
赤ちゃんを諦めるにしても、いずれも傷つくのは女性です。
男性は絶対に守ってくれる存在ではなく、基本的に種を撒き散らしたい本能があります。
だから浮気性の男性は多いですし、こうした機会に逃げる男性もいます。
女性は自分の身は自分で守るためにも、低用量ピルなどを日頃から利用をしておくことです。

アーカイブ
人気記事一覧