アイピルは性交の後に飲んで避妊するタイプのお薬で、緊急避妊薬と呼ばれています。避妊に失敗した際に性交後に飲むことで妊娠することを回避できます。これからアフターピルについて詳しく説明していきます。

薬を飲んでいる女性とカプセル
  • ホーム
  • 緊急避妊薬のアイピルは原発性無月経に効く?

緊急避妊薬のアイピルは原発性無月経に効く?

考えている女性

アイピルは、性交渉の際にあらかじめ避妊をしないまま行為に及んだ場合や、コンドームをしていても何らかの理由によって外れたり破けたりして避妊に失敗した場合に72時間以内に服用することで妊娠をしなくて済む緊急避妊薬です、ノルレボのジェネリック医薬品でもあります。
避妊に失敗してからなるべく早く服用するのが望ましく、服用してから数日かあるいは3週間の間に出血が見られたら妊娠を回避できたことになります。
しかし、それ以前の性交渉においてすでに妊娠して場合や72時間を経過してから服用した場合には出血が見られないことがあります。
その場合には妊娠している可能性が高いので早めに婦人科などの専門の医療機関に足を運ぶようにしましょう。
アイピルをはじめとする緊急避妊薬を服用すると、通常の生理周期が乱れることがあり、その期間は排卵もいつ行われているかわからないのでしっかりと避妊を行わないと妊娠してしまう可能性が高いので注意が必要と言えます。
生理周期と言えば、同じピルである低用量ピルは原発性無月経の治療に使用されることもありますが、アイピルはどうなのでしょうか。
原発性無月経は、初潮を迎える年齢を超えても生理が始まらない状態のことで、早めに改善していくのが望ましいと言えます。
生活習慣の乱れや過度なダイエットによる大幅な体重の増減など起こる続発性無月経の場合には低用量ピルでの治療を行うこともありますが、原発性無月経の場合ホルモン療法や無月経を起こしている原因を突き止めての治療を行いますのでそれに見合った治療が行われます。
よって、アイピルなどの緊急避妊薬を使って治療を行うことは少ないとされています。
アイピルはあくまで避妊に失敗したときの最終手段として服用する薬であるため、原発性無月経だからといってむやみにアイピルを服用するのは好ましいことではありません。

アーカイブ
人気記事一覧