アイピルは性交の後に飲んで避妊するタイプのお薬で、緊急避妊薬と呼ばれています。避妊に失敗した際に性交後に飲むことで妊娠することを回避できます。これからアフターピルについて詳しく説明していきます。

薬を飲んでいる女性とカプセル
  • ホーム
  • 妊娠を回避できるアイピルはPMDDにも効果がある?

妊娠を回避できるアイピルはPMDDにも効果がある?

アイピルはレボノルゲストレルを主成分とした緊急避妊薬で、ノルレボのジェネリック医薬品です。
セックスを行った際に避妊に失敗した場合に72時間以内に服用することで妊娠を回避できるとされています。
服用すると、数日かあるいは3週間以内に消退出血と呼ばれる出血が見られれば妊娠を回避できたことになります。
ノルレボと同じく通常の緊急避妊薬よりも体への負担や副作用が少ないのが特徴です。
ただ、あくまで緊急避妊薬であり卵子を排出したり受精卵の着床を阻止する効果が期待できても中絶薬ではないため、今回ではなくそれ以前のセックスですでに妊娠していた場合にはアイピルを服用しても効果がないとされています。
また、72時間以上経過してから服用しても、妊娠回避率が落ちるとも言われています。
緊急避妊薬として効果のあるアイピルですが、普通の低用量ピルのようにPMDDにも効果があるのかというは気になるところです。
PMDDとは、PMSよりもさらに症状が悪化した状態の生理前症候群でPMSよりも精神に影響する作用が強くうつ状態に近い状態になるとされており、治療には漢方薬などの他に低用量ピルを用いられることもあります。
ただ、PMDDはどちらかと言えば精神疾患が大きい病状なので低用量ピルよりも抗うつ薬や精神安定剤などの投与が中心となるようです。
ピルもホルモンバランスを安定させるという点では効果があるのですが、継続的に飲み続けない限り症状が安定することはないので、根本的な治療にはならないとされています。
そのため、同じくアイピルもPMDDに対してあまり効果を発揮することはないと考えてよいでしょう。
PMDDの疑いがあるからと言って事項判断で服用するのではなく、必ず専門医の指示を仰ぐようにしましょう。