アイピルは性交の後に飲んで避妊するタイプのお薬で、緊急避妊薬と呼ばれています。避妊に失敗した際に性交後に飲むことで妊娠することを回避できます。これからアフターピルについて詳しく説明していきます。

薬を飲んでいる女性とカプセル
  • ホーム
  • アイピルは行為後いつまでに飲むべきか

アイピルは行為後いつまでに飲むべきか

考える女性

アイピルは避妊に失敗をしてしまったのであれば、できるだけ性行為から時間をあけずに飲むのが一番です。
つまり一番理想としては性行為をした直後に飲むのがベストということになるわけですが、これは常備をしていないかぎり難しいものとなってしまいますから、基本的にはできるだけ早くということになっています。
早ければ早いほど良いというのは間違いありませんが、一応は72時間以内であれば高い避妊効果を期待することができるので、できるだけ早い段階で病院に行って緊急避妊薬を処方してもらうようにしましょう。
特に24時間以内であれば95パーセント程度の避妊効果を期待することができるので、行動が早ければ望まぬ妊娠をほぼ防ぐことができるということになるのです。

★できるだけ早く服用するために備えておくが吉
>>アイピルは通販サイトで買う<<

また、緊急避妊薬というのは効果がかなり落ちてしまいますが120時間以内であれば避妊効果があるというデータもあるので、遅くなってしまったとしても出来るだけのことをするという意味で服用することは意味が無いわけではありません。
それでも基本的には早いほうが良いので、性行為が終わってからできる範囲で最短時間で飲むのが望ましいといえます。
アイピルのような緊急避妊薬は時間との勝負だということを忘れてはならず、避妊に失敗をしてしまった時には迷わずにすぐに飲むようにしましょう。
避妊に失敗した時でもすぐに飲めるようにアイピルを備えておくことも必要です。
またアイピルが手元にあっても飲むかどうか中途半端に迷っていると妊娠の可能性がどんどん高まってきてしまうので、妊娠をしてはいけないというのであれば早めに飲んでおくことが安心です。
妊娠をする前であればできることは色々ありますが、妊娠をしてしまってからではできることがなくなってしまいますから、避妊に失敗をしてしまったという時には迷わずすぐにアイピルを服用することが大切です。

アーカイブ
人気記事一覧