アイピルは性交の後に飲んで避妊するタイプのお薬で、緊急避妊薬と呼ばれています。避妊に失敗した際に性交後に飲むことで妊娠することを回避できます。これからアフターピルについて詳しく説明していきます。

薬を飲んでいる女性とカプセル
  • ホーム
  • アイピルによる多毛症の予防効果と性病のリスク

アイピルによる多毛症の予防効果と性病のリスク

アイピルは、中容量ピルの一種でいわゆるアフターピルで、ノルレボのジェネリック医薬品(後発医薬品)です。
ピルは、低用量ピルと中容量ピルがあります。
低用量ピルは毎日服用しにホルモンバランスを調整し、妊娠できない状態にします。
中容量ピルは、性行為時に避妊をしなかったり、コンドームの破損などにより避妊が失敗し、妊娠する可能性がある場合に服用する経口避妊薬です。
避妊失敗時に24時間以内に服用すると、9割以上の確立で妊娠を阻止できます。
低容量ピルは、普段から服用すること妊娠しなくなるほか、いくつかのメリットがあります。
例えば、生理不順の改善や多毛症の改善が期待できます。
多毛症にはさまざまな原因がありますが、ピルの服用によってホルモンバランスを整えることで改善する場合もあります。
一方、アイピルは中容量ピルであり、避妊失敗の恐れがある場合の緊急用の経口避妊薬です。
したがって毎日用いることが前提のものではありません。
ですから、低用量ピルのようにアイピルを用いて多毛症の改善を期待するようなことをしてはいけません。
このような服用方法は副作用のリスクが高く、大変危険な行為です。
また、アイピルを用いたからといって、HIVや淋病、梅毒といった性病を防げるわけではありません。
アイピルに限らず、経口避妊薬はあくまで卵子と精子の受精や受精卵の着床を防ぐもので、性病予防の効果は全くありません。
したがって、性病予防のためには、コンドームの着用が必須です。
中容量ピルは低用量ピルに比べて薬の性質がより強く、副作用も強くであるリスクがあります。
ですから、低用量ピルの副効用を期待して、同じように使わないでください。
そして、性病予防には必ずコンドームの着用をしてください。

人気記事一覧